ダウ犬の投資日記 必死のパッチ

普通のサラリーマンが生活費とエンターテインメントを求めて、必死に株式投資する日記

会社員のトレードはCFDがお勧め part.3

CFD取引 税金について

今回は税金のお話。投資家にとって、税金はすごく大切な問題です。少なくとも自分が取引する商品の利益に対する税制は押さえておきたいものですね。

 

税金のパターン(大まかに2種)

分離課税

分離課税とは他の所得とは別でその取引に対して一定の税金が課せられるものです。株式、FX、投資信託などの売却益、配当収益などはこちらの分離課税になり、20%の一律税率なります。FXやCFDは雑所得という総合課税に当たるものになりますが、特例で分離課税になります。

 

総合課税

分離課税とは反対で、他の所得と合算して15%〜55%の税率になり、所得の額に応じて最大55%になります。金融商品の場合、ほとんどが分離課税に該当しますが、金現物や、仮想通貨は総合課税となります。

 

分離課税と総合課税

総合課税は稼いだ人にとっては厳しい制度なので、厄介です。ビットコインなどの値がピークだったころ、1億円稼いだなどの情報がニュースになったり、SNSに話題になったりしていました。しかし仮想通貨は総合課税なので、最高税率の55%になってしまい、約4000万円ほど納税しなくてはなりません。

分離課税の場合は、億円稼いだ場合でも20%なので、高所得者に優しいのは分離課税ということになります。

 

 確定申告

株のような特定口座を開設できない

CFDにおいては、源泉徴収してくれる特定口座の開設不可となっており、確定申告しなくてはなりません。ただし、20万円以下の利益であれば申告不要となっております。

株取引をされているほとんどの方は特定口座での取引をされているのではと思っていますが、CFDではFX同様特定口座を作れないため、源泉徴収が出来ず、どうしても確定申告の苦しみを味わうことになります。

 

損益通算

店頭デリバティブ取引(FXネオ、外為OP、CFD)、市場デリバティブ取引(くりっく365、日経225先物・OP、商品先物)による損益は通算することができます。
※株式取引による損益と通算することはできません。

出典元:GMOクリック証券 

CFD取引は他の所得との損益通算は可能ですか? | よくあるご質問 | GMOクリック証券 - 業界最安値水準の手数料体系!GMOクリック証券ではじめる株取引

 GMOクリック証券では上記のように記載されており、株式取引とは損益通算できません。ダウ犬のような株式とCFDの2種でトレードを楽しむ場合はデメリットして覚えておく必要があります。

 

最後に

 ビットコイン、FX、CFDであれば、税制的にはFX、CFDを選びたいところです。ビットコインの場合、リスクと税金が見合っていないというのがダウ犬の見解です。副業トレーダーの方はそもそも張り付いてモニタリング出来ないという前提のもとトレードする対象を選ばなくてはなりません。ボラティリティが高く、税制メリットもないビットコインよりCFDのほうが気軽に楽しんでトレード出来ます!

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 CFD取引へ
応援のポチ頂けますと大変励みになります。