ダウ犬の投資日記 必死のパッチ

普通のサラリーマンが生活費とエンターテインメントを求めて、必死に株式投資する日記

2019年3月初旬 ついに日経に手を出してしまう CFD

世界の株価 調整フェーズ

 

3月4日週のドタバタ劇

2019年3月4日週の株価

ダウ・上海・日経、世界株価の調整フェーズ。経済指標が軒並み悪化し、3月4日週は下げ下げの展開。前回投稿では、そこまで落ちない予想をしていたので、完全に読み違いしました。もちろん下げ過ぎと判断した私は、買いエントリーで火傷を負いました。

3月4日のダウの200ドル下落はやられました。。。

実際悪材料はどのようなところのなのかまとめてみました。

 

【経済指標】

・米雇用統計(非農業部門)+2万人  

 一瞬20万人と見間違えました。予想18万人でしたからね。

・中国 輸出21%マイナス

・ECB 成長率下方修正 1.7%→1.1%

・日本 内閣府下方修正 景気後退局面かと新聞社各紙が報じる

 

【ネガティブニュース】

・米中会談4月まで延期

米朝会談での破談

 

中国の指標も米中会談の状況もかなりきな臭い状態ですね。上海は先週まで吹き上げていましたが、熱さましの下落幅もえぐい。。。手を出せなかったです。

ダウが崩れるなら、米国自体のネガティブ要素が少ないような気はするので、まだ問題ないような気はしていますが、ECとアジアがもうそろそろといった感じ。

買いエントリー→売りエントリーへの切り替え そして日経へ

3月4日(木曜日)そろそろ調整フェーズ終了かと考え、ダウ30を買っていくが、失敗。

損失を取り戻すため、即座に売りエントリー開始。

翌日も下落の流れは止まらないと考え、朝一日経も売りエントリーし、何とか利益を出すことが出来ました。

【2019年3月9日時点 3月収益率】

収益率

+5.6%

収益額

48,659円

 

売りポジは日経?

ダウ犬の名の通り、ダウが最も相性が良いと思っていました。

しかし、上昇トレンド時にそもそもCFD取引でダウを買い始めたので、勝手にダウが相性良いと思い込んでいたのかもしれません。

※青=ダウ 赤=日経

https://www.tradingview.com/x/unjczHj4/

週ラインでの比較になりますが、上昇は完全にダウに軍配が上がりますが、下降値幅は日経の方が強いように見えます。

 米雇用統計が発表された時も、日経がきっちり連動して下落しました。

これを見ていると買いはダウ売りは日経という手法をしばらく試してみようかと思います。

 

3月10日週の戦略

調整フェーズ終了か?

 ダウ先物は3月8日、最終的には上昇し終了しました。25,213ドルまで下落後、25,500ドルまで戻していますね。朝起きたら長い下ヒゲで、来週からはアゲアゲですーって感じのメッセージですか?

損切覚悟で週明けは一旦ダウ買いエントリーでチャンレンジし、週末は日経で売りを仕掛けていくイメージでいます。

空売り比率も高まっているとのことですし、いったん売りポジ解消してきた後、ストーンと下落という感じですかね。目先は売り目線です。

 

別の話ですが、IPOでミンカブ・ジ・インフォノイド補欠当選。。。

久々にSBI口座にて補欠当選しましたが、最終的に当選するかなー。結構人気そうですね。IPO銘柄で一度は儲けてみたいものです。

 

それでは来週も良いトレードを!

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 CFD取引へ
応援のポチ頂けますと大変励みになります。